読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の最果て

僕の僕による僕の為の記録

逆転裁判6 第四話 感想 ネタバレ有り

逆転裁判6

警告 この記事は逆転裁判6のネタバレを大いに含みます

まだプレイしていない、これからプレイするつもり、今現在プレイ中等でネタバレを見るのが不都合だという方は今すぐに戻るボタンを推奨します。

それでもOKという方はどうぞ↓

 

 

 

 

 

続きを読む

逆転裁判6 第三話 感想 ネタバレ有り

逆転裁判6

 

警告 この記事は逆転裁判6のネタバレを大いに含みます

まだプレイしていない、これからプレイするつもり、今現在プレイ中等でネタバレを見るのが不都合だという方は今すぐに戻るボタンを推奨します。

それでもOKという方はどうぞ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

逆転裁判6 第一、二話 感想 ネタバレ有り

逆転裁判6

警告 この記事は逆転裁判6のネタバレを大いに含みます

まだプレイしていない、これからプレイするつもり、今現在プレイ中等でネタバレを見るのが不都合だという方は今すぐに戻るボタンを推奨します。

それでもOKという方はどうぞ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

逆転裁判6 感想 ネタバレ無し

逆転裁判6

今回は逆転裁判6について、逆裁1から検事1,2、レイトンコラボから果てはタクシュープロデュースであるゴーストトリックなど逆裁ファンでありタクシューファンでもある唯の一ファンが、感じたことを連ねて行きます。

 

とりあえずネタバレにならない範囲で感想を書くとするならば

 

待った!

 

 

異議あり!

 

 

くらえ!

という感じです。

 

一体何が待ったなのか、何に対する異議なのか、そして何をつきつけているのかは実際にゲームをやって確認して欲しいところなのですが、これだけじゃ流石に何が何だかわからないのでもう少し言葉を付け足します。

 

まずこの逆転裁判6はナルホドくんとオドロキくんのW主人公という形で出された作品ですが、確実に真の主人公はオドロキくんとなっています。なのでオドロキくんが好きという方には朗報であり、ナルホドくんが好きという方には少し残念かもしれません。

そして自分は逆裁4からこのシリーズに足を踏み入れたため、オドロキくんには特別な思い入れがあります。そんな自分がこの逆転裁判6を最後までプレイして、4からよくここまでキャラを立ててくれたと非常に感動しています。

 

そして相変わらず魅力的なキャラが非常に多い。特に今回はロリキャラの可愛さに定評があると思います。特に○話に出てくるあのキャラは歴代屈指の可愛さ。

更に検事2のあのキャラのように成長するキャラもいますし、倒しがいのある犯人もいます。特に犯人の豹変した姿はどれも必見です。

 

難易度に関して言えば、今回は割と難しい場面が細々と存在し、2,3などに存在した「一撃死」なども今回復活して、ヒヤッとする場面が増えてなかなかのスリルを味わえるようになっています。

そしてその難易度を大きく底上げしているのが、新システムである「御霊の託宣」です。託宣と映像で食い違う部分を探すというものなのですが、どこにムジュンがあるのか分かりづらい場面があり、幾度となく頭を悩ませました。しかしそのお陰で解けた時の達成感も一入で、中々の良システムだと感じました。

 

と、まだまだ書くべきことが沢山あるのですが、正直それはネタバレなしでは語れないです。なので僕から言えることは、今すぐソフトを手に取り起動してくれと言うことだけです。

 

最後にもう一度言いますが、この物語の主人公はオドロキくんこと王泥喜法介です。物語中で幾度となく彼にフォーカスが当てられます。4でナルホドくんに主役の座を奪われ、5で裏の主人公として活躍し人気投票一位で大多数のファンを会得し見事主役の座を取り戻した彼が、6で一体どのような活躍をするのか。

 

王泥喜法介とは一体何者なのか。

 

それは是非、あなた自身の目で見抜いてください。

 

 

ネタバレ記事も後日執筆予定

最近見た映画の感想

私はニートでその上引きこもりです。故に家で出来ることしかしない。

ということでこの2,30年ずっと暇つぶしを考えてきた。

ゲームとか後何か

しかし最近ゲームをやるのも若干飽き気味になってきた為どうしようと考えに考え、時には悩みすぎて頭がおかしくなり狂気錯乱状態で言動が支離滅裂そして周りの人間には見放され孤独のストレスからドラッグに手をだし精神崩壊そして人生終了と思ったその時一筋の光明が彼の手を差し伸べ始まる名誉挽回の物語を考えていたら映画を見たくなったので見た感想。

 

なお誰でも知ってるような作品の感想です。

 

トランスフォーマー

前から気になってたけど機会が合わなくて見れてなかった作品。

オートボット達の集結シーンがかなり興奮した。

やっぱり変形ロボは男のロマンだね。

俺もバンブルビーが欲しいと思った。

というか車が欲しくなった。

三部作らしいので続きが見たい。

 

ロードオブザリング

これも前から気になってた。

壮大な設定で始まる壮大な物語は大好きです。

自分はこういう世界観でホビットの住んでる村みたいなのどかな所で暮らしたいと常々思ってます。

主人公は特に強いわけでもなく能力があるわけでもないけど唯一指輪の魔力に抵抗できるという設定がいいなと感じました。

ホビットっていうこの作品の前日譚的な映画が公開されててそれが面白いと聞いたのでこれを全部見てから見たいと思います。

こういう壮大な設定の小説を書いてみたいなあとちょっと思った。

とにかく面白い。

 

今思うと続き物ばっかり見てる気がする、が暇を潰せるので結果オーライだ。

将来は映画を観る専用の部屋でも作りたいなと思ってる。

 

ザ・エンドってね

ディスブログイズ

このブログは、どんなに素晴らしい作品を見ても「面白かった」という感想しか残さない自分に対する戒めと、少しでもいい作品を世に広めたいという名目の下、プレイしたゲームの感想や視聴したアニメの評価、これからやりたい見たい作品を書き殴る為だけの、他愛もない存在です。

 

「記憶を消してもう一度見たい」という言葉はよく言われますが、初見の時に感じた熱を少しでもこのブログに残すことができたら、思い返すときにも便利なんじゃないかぁ!?ということです。

 

自分の私生活でもこれから論文等で文を書く事が多くなるであろうと予測されるのでその練習も兼ねて、思い立った時にやります。

 

稚拙な文ですが何卒ご了承ください。

 

 

ちなみに僕は前置きで保険を掛ける人間はナンセンスだと思います

 

ちなみに次の記事は10年後位になると思います

 

次回、遥かなる時の旅を越えて

 

そこんとこ、よろしく。